稼ぐ電子工作

趣味の電子工作をするために電子工作で稼ぐブログ。

ブログ管理者紹介

ブログ管理者 (pkeisrebpys) について紹介します。 紹介するといってもどんなことやってきたのかを書いただけです。

最初にエディタと言語が来るあたり, 電子工作といいながら,ハードよりソフトやっているのがわかります。

そして面倒くさがりでもあります。 とりあえずその場にあるものでなんとかならないかなあとか, 面倒なのでやめましたという事例が紹介する以外にもよくあります。

使用エディタ

重度の Vim 依存症です。

大学半ばまでは Emacs を愛用しておりました。 プログラミングもコンパイルもプログラム実行もすべて Emacs 上, TeX で報告書を作成してコンパイルしてプレビューするのもすべて Emacs 上, 作業のほとんどを Emacs で行う生活をしておりました。

とある日,黒い画面と最小限のコマンドしかない環境に放り込まれました。 そこには Emacs は存在せず, Vim というエディタが存在しました。 Vim はそれまでに経験したエディタのように素直ではなく, 最初は文字を入力することも,ファイルを保存することも,終了することすらもままならず, 黒い画面に Vim が開いたままになって途方に暮れました。

仕方なく Vim のコマンドを覚えました。 他のエディタとは一線を画す Vim のコマンド群は, 一度覚えるとなかなか効率的に操作でき,今度は作業のほとんどを Vim で行う生活になりました。

このような経験から Emacs でも Vim でもその他のエディタでも, なんとかできるようになりました。 ただ, Vim しか無い環境に長く留まりすぎたため, Vim 以外のエディタを使うと途端に編集速度が落ちます。 そして時々謎の :w1 なんかを知らないうちに本文中に残してしまうようになりました。

使用言語

主に使用するのは C です。 話し言葉は日本語がメインですが,キーボードで入力している時間は C の方が多いかもしれません。

C が主に使用する言語なのは,マイコン用の組み込みソフトウェアをつくることが多いためというのもありますが, エディタの項でも出てきたコマンドが限られた環境で使えるコンパイラFORTRAN 用か C 用しかなかったためです。 FORTRAN はちょっとは読めますが書けません。パンチカードも使えません。

本当は C++ が使いたいのですが,組み込み用だと未だに C++ は部分対応なコンパイラがいて C を使い続けています。 C でどうにかクラスっぽく書いて整理できないか考えています。 目の前にグローバル変数の大海原が広がるソフトウェアが回ってきて,コードが手足に絡まって溺れそうになることが時々 (頻繁に) あります。

C++ すら導入されていないのに,いつか Rust でソフトウェア書くんだという夢はあります。

次によく使うのはシェルスクリプトです。 これも既に出てきた限られた環境でやっていくために身につけました。 インタプリタ言語では Python が流行りなのでそろそろ本格的に手を出したいと思ってはいるものの, 便利そうなライブラリをちょっとだけ使う程度のままです。

HTML,CSSJavascript あたりはかじった程度です。 これからの組み込みは装置が動くだけでなく,どう見せるか・聞かせるかも含めてつくらないととは思いつつ, 次々に出てくるフレームワークの前で右往左往しています。

基板実装

以前はお高い基板加工機が使える環境だったので, 試作基板のパターン設計して,基板加工して,ピンセットとはんだごてで半田付けしてました。

最近は加工機も無いし,加工外注に出すと高いし,エッチングするのも面倒だし, という主に面倒くさがりの一言で済む理由で基板はつくっていません。 ブレッドボードか,やっても万能基板で済む範囲にしています。

電気工事

賃貸に住んでいて部屋の電源をいじることもないし, 太陽光発電所を建てる予定もないのですが, 電気工事士電験をとっています。

今まで個人で有効利用したことも,1円の収入を得たこともない,ペーパー工事士・技術者です。 このブログの目標の稼ぐに正面から反対する事例です。 電験の知識や工具の扱いは別のところで役に立っているので良しとしています。 いつか発電所建てて運用してみたいなぁ (おそらくしないパターン)。

無効電力と高調波とノイズ

苦しんだ (苦しんでいる) もの 3 つです。 三相交流には感謝していますが,無効電力と高調波はなしにしてもらえませんか (無理です)。 あとついでに三相不平衡もなしにしてませんか。 無理とわかっていても,世の中の電力がきれいな正弦波か,直流になれば良いのにと思ってしまいます。 (直流だったら計算が楽になるだろうなと思う一方で, 直流を扱う技術の問題,取替する経済の問題から現実的ではないのも理解できます。)

ノイズはいたるところで悩ませてくれます。 ノイズの難しいところはワンパターンの対策で済まないところです。 ある条件では良い対策が,ちょっと配線の長さが変わったりするだけでむしろ悪化したりして心をくじかれます。 面倒くさがらずちゃんと解析しろということなのでしょう。


  1. :wVim でファイルを保存するコマンド。作業が終了するたびに知らないうちに :w を入力するようになってしまいました。